聖地巡礼のバイク旅

「ヤマハ MT-09トレーサー」と「ホンダ スーパーカブ110」に乗ってます。バイクの聖地を巡る旅がライフワークです

2りんかん祭りに行ってきた!

今日もご訪問頂きありがとうございます。

5月最後の週末、28日(土)~29日(日)は、湖国滋賀県で色々なアクティビティを楽しませて頂きました。

5月28日(土)
  • 2りんかん祭り(場所:奥伊吹スキー場)に参加
  • ナチュール高島市でランチ
  • 夜はサザキバー浜大津でワインを少々
  • ホテルブルーレイク大津浜大津に宿泊

5月29日(日)

  • ナチュール高島市で朝食
  • 午後は高島市の別荘地でBBQパーティに参加

 

というわけで、この2日間のことを2回に分けてブログに書こうと思います。

前編は「2りんかん祭り」に行ってきた話が中心です。いつのことながら長い話ですが、最後までよろしくお願いいたします。

 

 

 

2りんかん祭りへGO

「2りんかん祭り」とは、バイク用品店の2りんかんさんが主催するバイクのイベントのこと。

このフライヤーを見ると、かなり内容が濃いイベントですね。

2りんかん祭りの公式ページはコチラ⇒https://2rinkan.jp/event/2rinkan-festival/#

僕は、この種のイベントでは、ERMエンジョイ・ライダーズ・ミーティング(RSタイチと2りんかんの共同主催のイベント。場所は京都のスプリングスひよし)には参加してきましたが、この2りんかん祭りは初めての参加。

その会場は、滋賀県岐阜県との県境にある「奥伊吹スキー場」です。

地図をご覧の通り、大阪からはかなり遠いのです。

なので、行くかどうかずっと迷っていたのですが、最近の諸事情からバイクのイベント類が皆無の状態だったこともあって「イベントに飢えていた」のでしょうね(笑)

 

 

AM4:00 出発

今回の相棒は、スーパーカブ110

遠いとか言っておきながら、高速道路を使うことができないバイクを選んだ僕はどうかしているのかもしれませんね(笑)

自宅から奥伊吹までの距離は約150km。一般道だけになるので、所要時間は約3時間半~4時間と見込んでいます。

加えて、途中の休憩などを含めるとプラス1時間程度は必要になると思われます。

ということで、現地の開場時間(午前9時)から遡って、出発時間をAM4時と決定。久しぶりの日の出前の出発です。

 

 

琵琶湖沿いを北上

大阪(東大阪市)から奥伊吹へは、まずは京都府の南部を横断し、そのあとは瀬田川沿いに北上して琵琶湖の南端に出て、琵琶湖沿いを走っていきます。

朝まだ暗い中、自宅を出発したわけですが、京田辺市あたりまで来ると明るくなってきました。やはり日の出はどこで見ても荘厳ですね。

※下の写真は、AM5時頃の木津川の山城大橋(京田辺市)付近。

この後、R307~K783~R422などを経て、琵琶湖の南端に到着。

朝日を浴びた比叡山(下の写真・左奥)が美しいです。

ここからは、湖東の「さざなみ街道(K559・K25)」を北上していきます。

その途中、

「藤ヶ崎龍神社」に参拝したり、

「あのベンチ」に寄ったり、

彦根城を通過したりして、色々と楽しみながらの奥伊吹への道中でした。

 

 

凄いバイクと人に圧倒

彦根城近くのマクドナルドで朝食を摂った後、米原市を通って伊吹山へと向かっていきます。

この辺りまで来ると、明らかに2りんかん祭りに参加するであろうバイクの集団が目立ち始めます。

こうなるとナビは不要で、彼らの後ろを付いていくだけなので楽でした。

ということで、ほぼ予定通り8時40分に到着。凄いバイクの数です。ちなみに、この日の来場者は5千人を超えたそうです。

皆さんも僕と同様に「イベントに飢えていた」のでしょうか?(笑)

これだけの大人数なのですが、まずは駐車場に入る僕をSTCのSくんが見つけて声をかけてくれました。

その後、Sくん達と話をしていたら、今度はOさんから着電があったりで、普段仲良くしていただいている皆さんと合流することが出来ました。

やはりこういう時に知り合いに会えると心強いですね。Oさん、なっちん、Sくん、そしてSTCの皆さん、ありがとうございました。

そして、ご挨拶だけに終わりましたが、ストロボ隊の皆さんにもお会いできてうれしかったです。

 

 

Like a windのライブ配信

この日の模様は、バイク情報番組・Like a windがYouTubeライブ配信してくれていました。

番組スタッフ兼出演者のたはらかすみさん(かすみん)と、わっすさんが二人で場内を巡って各ブースの模様をリアルタイムに伝えてくれるという企画です。

そして、僕が入場するタイミングで、その配信撮影隊が来たので、ちょっと手を振ってみたら見事に映ってました(笑)

入場後、Like a windスタッフの重岡氏(しげっち)から「さっき、配信に映ってましたよ」と教えてもらい、帰宅してからその映像を観て確認できました。

「会場に来れないけど、どんなイベントなのか気になる」って方にとっては、このライブ配信は有難いですよね。

この配信は今でもYouTubeで観れますので、見逃した方や当日会場にいたけどあの臨場感をまた味わいたいって人はぜひ!

 

 

 

やはりイベントは楽しい

入場すると、先着3000名限定の2りんかんのタオル・ペットボトルホルダー・ミネラルウォーターなどを頂きました。

こういう限定品を頂けるのは嬉しいですね。ありがとうございました。

 

そして、会場のスピーカーから馴染みある声が聞こえてきました。

それは、Rock’n Rider・末飛登(まひと)さん。

この日のステージプログラムのメインMCを務めておられました。

末飛登さんは、大阪出身のミュージシャン&タレントさんで、千葉テレビの「週刊バイクTV」のメインパーソナリティーを長く勤めておられた方。

実際にご本人を見るのは初めてなのでちょっと嬉しかったです。

 

では、僕が気になったブースをいくつか紹介します。

2りんかん(KeePerサービス)

僕はこれまでに2回、ヘルメットにKeePerコーティングをしてもらっています。

新品はもちろん、多少使ったものでもかなり綺麗にしてもらえるので、今後もヘルメットを買ったらKeePerコーティングをしてもらおうと思っています。

今回もKeePerガールの奥沙織さん(さおりん)が頑張っていましたよ。

 

モリワキエンジニアリングさん

今年の夏にJA59(今年、MCしたスーパーカブ110)仕様のカスタムマフラーを売り出すという情報を聞き出せました。

元々、僕のスーパーカブ110にカスタムマフラーを装着するならモリワキと決めていたのですが、JA44モデルのマフラーは僕のJA56に装着できません。

しかし、新型JA59用なら装着できるかもしれないと密かに思っていたので、とりあえずはその発売開始が楽しみです!

 

RSタイチさん

僕は、シンガーソングライダー・サザキヒロシさんに影響を受け、バイクに乗るときだけではなく普段着までRSタイチを愛用しています。

そのタイチから、昨年の夏に発売された「リキッドウインド(水冷式アンダーウェア)」の2022ニューモデルが出ました。

リキッドウインドについての詳しい情報はコチラ

 

このリキッドウインド、僕は昨年、モニターに当選して使用させてもらったのですが、製品の基本性能の良さを感じつつもいくつか改善されたらいいな~と思っていたところがありました。

その点が、今年のモデルでは見事に改善されているようなので、今年モデルの黒のアンダーウェアは買おうかなと思っています。

 

ライクアウインドさん

そして、Like a windのブース紹介を忘れてはなりませんね!

大阪モーターサイクルショーに続き、今回の2りんかん祭りでもブースでライクグッズの販売が行われていました。

僕は、ライクグッズは既にほぼ買い揃えていますし、ライクガチャもコンプリートしたので、今回の購入は無し。

なので、店番のしげっちを応援するため、リポビタンDを一本持ってお邪魔させて頂きました。

ところで、驚いたのは場内にLike a windのキャップやパーカーを着用している人がそこそこ多かったこと。(僕もその一人ですが)

ラ族(Like a windファンのこと)は、着実に全国に浸透・拡大しているようですね!

 

さてさて、書き出すとキリが無いので、この4社に限ってここで紹介させてもらいました。

魅力的なブースが多数あったし、ステージプログラムも楽しかったです。

 

サンスターさんでは歯磨き粉を貰ったし、

シュアラスターさんでは消臭抗菌剤を貰いましたので、

そのお礼をここで申し上げます。

この日は朝3時に起床して、5時間かけて奥伊吹に来たわけですが、その甲斐があって、ホントに楽しい時間を過ごすことが出来ました。


奥伊吹まで遠かったけど行って本当に良かったと思うし、これは毎年参加を恒例にしたいと思いました。

関係者の皆様、お疲れ様でした。

そして開催していただきありがとうございました!

 

 

ブログ後記

さて、お昼時になってお腹もすいたし、この日は「夜の楽しみ」が待っているということもあり、早めにホテルに入って少し仮眠もとりたいので、12時過ぎに会場を後にしました。

 

そして、この日のランチは、大好きなナチュールさん(高島市)で頂きました。

Cafe&Restaurant nature|トップページ

奥伊吹からナチュールまでは約1時間半の距離で、到着がランチタイムを過ぎた午後2時過ぎになるので、行くかどうか少し迷ったのですが、他の店で妥協してご飯を食べるより、ナチュールに行くことが正解だと考えました。

 

この日はメンチカツのセットを注文しましたが、やはり期待を裏切らない美味しさです。

このメンチカツセットでは、サラダがプレートの付け合わせで出てくるのですが、僕の大好きな「心鷲掴みサラダ」をしっかりと乗せててくれてたことが嬉しかったな~

ママさん、美味しいスイーツとコーヒーをご馳走さまでした!!

 

さて、この後は浜大津のホテルに直行。

この日の夜は半年ぶりにサザキBARで至福の時間を過ごすのですが、その事とこの翌日の楽しい話は次回のブログに譲りたいと思います。


(つづく)

 

 

応援の”ポチッ”をして下さるとブログを書く励みになり、とても嬉しいです(^^)/

ありがとうございます!

フォローもお待ちしています🙏