聖地巡礼のバイク旅

「ヤマハ MT-09トレーサー」と「ホンダ スーパーカブ110」に乗ってます。バイクの聖地を巡る旅がライフワークです

「次のバイクはどれ?」 ~妄想シリーズその2~

今回もご訪問ありがとうございます。

 

大阪モーターサイクルショー(モタサイ)が終わってから1か月以上が経ちました。今年は3年ぶりの開催でしたが、改めて開催して下さったことに感謝です。

今回のブログは、モタサイで実際に見たバイクに抱いた”妄想”について書いてみようと思います。

 

 

ちょっと気になった2台

さて、僕は初日と2日目に行ってきたわけですが、新型コロナ感染対策ってことで、国内4台メーカーなど人気ブースでは、ブースに入れる人数を限定しているので、並ばないとブースに入ることが出来ませんでした。

 

一番人気はホンダのブースでしたが、やはりホーク11、DAX125、スーパーカブ110など興味深い新型車が目白押しだったこともその理由でしょうか。

そんな中、実際にバイクに触れることが出来た中で僕が興味を持ったのは、

この2台でした。

 

 

ヤマハ トレーサー9GT

ヤマハ トレーサー9GTは、今、僕が乗っているMT09 トレーサーの後継機種ってことで、何がどう違うのかを体感してみたかったわけですが、跨った感じは安定感が進化したって風に感じました。

写真引用元 TRACER9 GT - バイク・スクーター | ヤマハ発動機


もちろん、動かしてないので跨った感じ以上には分からないのですが、メーターディスプレーが凄く見やすくなっていて「もう大好き」って感じです。

(上の写真に写っている3人は本文とは関係ありませんw)

今、買い替えるとしたらトレーサー9GTが大本命ですね。


さて、とにかく行列が凄かった国内4台メーカーが揃う1号館・2号館とは異にし、外国車が集う3号館は終始空いていたように思います。

以前から「いつかはBMW」と思っていたこともあって、BMWのブースには何度か行ったわけですが、ここで「おお~」と思ったのはR1250 RS。

 

 

BMW R1250RS

ボクサーエンジンを積むRシリーズでは、GSつまりアドベンチャーモデルしか目に入らなかったのですが、今回、たまたま誰も跨ってなかったR1250RSに跨ってみました。

そこで感じたのがライディングポジション。

アップライトすぎず、前傾過ぎずで、僕(身長184㎝)にとって最適のライポジがそこにありました。

写真引用元 R 1250 RS | BMW Motorrad

 

価格がそれなりに良い感じ(笑)なので、宝くじでも当たらない限り手を出せないのですが、このライポジならどこへでも行けそうで、欲しい度は120%になりました。

 

ただ、今の愛車・MTー09 トレーサーは、今年1月に車検を受けたばかりですし、その前の11月にマフラーを交換(オーヴァーレーシングのTTフォーミュラ・フルチタンマフラー)したばかりなので、もう少しこのバイクに乗り続けることになると思います。

あくまで、”今、買い替えるとしたら”という妄想では、本命・トレーサー9GT、対抗・R1250RSってことでしょうか。

 

 

サードバイク妄想

一方、妄想というか叶わない夢に近いですが、以前から気になっているのが「スクランブラー」というタイプのバイク。

有名どころでは、トライアンフドゥカティからスクランブラーと名の付くバイクが発売されていますよね。

僕のお気に入りは、ドゥカティスクランブラーの主力モデルである「アイコン」というタイプ。

値段も手ごろ(でも簡単には手を出せないですが)だと思いますし、これに乗って京阪神のカフェに行くなんてお洒落かな~なんて思ったりしています。

ただ、ツーリングメインのライダーとしては、このバイクをメインにすることはできないので、宝くじでも当たったら「3台目のバイクとして」欲しいなというレベルです。

 

そんなことを思っていたら、こんなバイクを知りました。

 

 

ヤマハ XSR155

いつも楽しく拝見させて頂いている「ソエジマックス」さんのYouTubeチャンネルで、ヤマハ XSR155の試乗レポートを拝見したことでちょっと興味を持ちました。

見た目にはスクランブラーのテイストもあり、名車SRのデザインを踏襲している部分もあり、個人的にはスタイリッシュだと思います。

写真引用元 中古バイクならバイク館へ。全車保証付き。高価買取り

 

155㏄という中途半端な感じもする排気量ながら、高速道路も使えるし、燃費もよさそうだし、街乗りバイクとしてはちょうどいい感じなんじゃないかと思いました。

ただ、このバイクは国産ではなく、タイヤマハ製のバイク(つまり輸入車)で、調べてみると40万円前後で売られているようです。手を出しやすいかなと思ったりします。

 

無論、今の僕にはサードバイクそのものが非現実的。

したがって、所有する可能性は極めてゼロに近いですが、乗ってみたい願望はそれなりにありますね。

 

 

ブログ後記

ということで、今回は妄想シリーズその2としてブログを書いてみました。

非現実的&とりとめのない話にお付き合い頂きありがとうございました。

なお、今回のブログでは、メーカーホームページ、販売店ホームページなどから写真を引用させて頂きました。

念のために引用元を記載しておりますが、改めてこの場をお借りして、お断りと引用の御礼を申し上げます。

 

(おわり)

 

応援の”ポチッ”をして下さるとブログを書く励みになり、とても嬉しいです(^^)/

ありがとうございます!

フォローもお待ちしています🙏