聖地巡礼のバイク旅

「ヤマハ MT-09トレーサー」と「ホンダ スーパーカブ110」に乗ってます。バイクの聖地を巡る旅がライフワークです

春色の南紀ツーリング

2月4日、金曜日。

ちょうど2ヶ月ぶりにバイク(トレーサー)に跨り、ポカポカの南紀那智勝浦へとツーリングに出かけてきました。

ということで、久しぶりのバイク旅のブログになります。

最後までよろしくお願いします。

 

 

 

西国の札所へ

今回の目的地は青岸渡寺(せいがんとじ)」

西国観音霊場 三十三所巡りの第一番札所です。

これまでに2度、このお寺をお詣りさせて頂いたことがありますが、今回は格別の想いを持ってここを訪ねることにしました。

 

さて、その那智勝浦は、紀伊半島の最南端(同時に本州最南端)にある潮岬の少し北東の位置にあります。

f:id:junrei_rider:20220215162207j:plain

大阪からここへ行くには、奈良県を縦断して国道を中心に走っていくルートと、紀伊半島の西側を高速道路を通って南下していくルートが一般的かと思います。(もちろん、その他にもたくさんのルートがあります)

いつもなら、奈良県縦断の国道ルートでいくのですが、気温は上昇する予報とはいえ、朝方の五條市の山越えはさすがに寒いだろうし、もしかすると雪の残りや凍結もあるかもしれないと考え、高速道路ルートを選択することにしました。

 

 

春色一杯の紀州路でした

東大阪からは、近畿道~阪和道を南下していきます。

潮岬(串本)の手前、南紀田辺ICまでは有料ですが、その後、周参見(すさみ)までは高速道路の無料区間で行くことができます。

美しき南紀の道

まずは阪和道の紀ノ川SAで一回目のトイレ休憩。

f:id:junrei_rider:20220215153157j:plain

2回目のトイレ休憩は、道の駅すさみ。

ここから見る太平洋は雄大でした。

f:id:junrei_rider:20220215153359j:plain

f:id:junrei_rider:20220215153409j:plain

すさみから先は、R42を太平洋を右に見ながら、串本(潮岬の入り口)や古座などを経て、那智勝浦の方へと走っていきます。

f:id:junrei_rider:20220215153429j:plain

 

途中、名勝・橋杭岩でいい感じの写真が撮れました。空の青、海の藍、そしてトレーサーのワインレッドのコントラストが美しいと自画自賛です(笑)

www.wakayama-kanko.or.jp

f:id:junrei_rider:20220215153458j:plain

 

古座にも寄りました

そして、JR古座駅にも立ち寄ってみました。

古座と言えば、カヌー、ダイビング、釣りの名所として有名ですが、ここ(駅)には、いつもお世話になっている「Stream Trail」さんのショップが併設されているので、一度寄ってみたかったのです。

f:id:junrei_rider:20220215162347j:plain

僕は、Stream Trailさんのグッズは、リュック・ショルダー・サッカー・ポーチ・ボストンバッグ・財布など多数愛用しています。

f:id:junrei_rider:20220215162405j:plain

Stream Trailさんの特徴はその高い防水性なので、どちらかと言えば海のイメージが強いですが、ライダーとして活用できるものも多く、愛用させてもらっています。

皆さんにも一度使ってみていただきたいです。

 

 

西国一番・青岸渡寺

自宅を出たのが8時半ごろ。

そして、目的地の青岸渡寺に到着したのは、13時ちょうどだったので4時間半くらいかかったことになります。ここまでの走行距離は約240㎞でした。

ちなみに、青岸渡寺熊野那智大社に隣接しています。

そして、この二つの寺社に行く途中に那智の滝があります。

このエリアは、かなりのパワースポットですね。(下の写真は青岸渡寺の境内から那智の滝を撮ったもの)

f:id:junrei_rider:20220215162726j:plain

 

今回ここに来た理由は2つあります。

一つは、西国三十三所・第一番の札所である青岸渡寺で、遠い西の方の世界にいる息子にお経を捧げたかったのです。

ということで、久しぶりにお寺で勤行(読誦)してみましたが、片言で唱えた観音経が息子に届いてればいいな。

f:id:junrei_rider:20220215162619j:plain

そして、もう一つの目的は納経帖にご朱印を頂戴すること。

実は12年前に四国八十八カ所、5年前に西国三十三所を結願した(巡り終えた)のですが、その時に頂いた納経帖(ご朱印帖)などは、息子が旅立った時に全て彼に持たせました。

なので、自分が旅立つ時のために、また一か所ずつ回ってご朱印を頂かなくてはなりません(笑)

f:id:junrei_rider:20220215165952j:plain

そういう意味では、四国八十八カ所お遍路にも行きたいのですが、それはスーパーカブで行こうと思っています。

 

 

ランチはマグロ丼

当初の予定では、青岸渡寺を出発するのが13時で、13時半には新宮に行って、そこで熊野牛のランチを食する予定でした。

それが時間が押したためにセカンドプランの那智勝浦漁港でマグロ丼」に変更です。

那智勝浦漁港は、日本有数のマグロ延縄の漁業基地として有名で、生鮮マグロの水揚高は日本一を誇るそうです。

つまり、青森県の大間ほどじゃないにしてもマグロの本場ってことですね。

f:id:junrei_rider:20220215163916j:plain

さて、マグロ丼ですが、お目当てにしていたお店は閉まってたし(コロナの影響かな?)、時間も時間(午後2時)なので、空いているお店優先で飛び込んでみました。

f:id:junrei_rider:20220215163933j:plain

f:id:junrei_rider:20220215163954j:plain

正直なところ、唸るほどの美味しさでは無かったし、コスパも良くありませんでした。

なので、再訪は無いかなって感じですが「本場でマグロを食べた」ってことに満足しています。

 

 

ブログ後記

この日の南紀は快晴で、気温は14度。

暖かな春の日差しを感じながら、快適に太平洋沿いの道を走ることが出来ました。

f:id:junrei_rider:20220215164104j:plain

久しぶりにトレーサーに乗ったので、ちゃんと乗れるかどうか不安でしたが何とかなりました(笑)

新マフラーは低速域の取り扱いやすさが抜群で、音もサイコーでした。

f:id:junrei_rider:20220215164031j:plain

 

帰りは、新宮から熊野川沿いを北上して、奈良県十津川村五條市を経て、最後は南阪奈道路近畿道で帰宅。

帰りの休憩地「道の駅吉野路大塔」の付近は、ロードサイドに雪が残ってたり、とにかく寒く、道路もやや(かなり)スリッピーだったので怖かったです。
往路でこの道を選ばずに正解でした。

 

総走行距離は460㎞で、燃費は23km/L。燃費は普段より少し良かったのですが、ガソリンが信じられないほど高騰しているので相殺ですね。

f:id:junrei_rider:20220215164443j:plain

 

さて…

2ヶ月前は、こんなツーリングブログを書くことが出来る(書く気持ちになれる)日が本当に戻ってくるのだろうかと思っていましたが、少しずつではあるけれど、時間が哀しみを和らげてくれているのは確かなようです。

 

この日も出発の直前までどうしようか迷っていましたが、来て本当に良かったと思うし、潮の香りと爽やかな風が僕を癒してくれたのは間違いありません。

 

バイク乗りで本当に良かった…と心からそう思えた春色の日でした。

 

(おわり)

 

 

応援の”ポチッ”をして下さるととても嬉しいです(^^)/
ありがとうございます!

フォローもお待ちしています🙏